荒川区の耐震化の補助金

この記事は約1分で読めます。

荒川区で耐震化した場合、補助金がでます。

手摺、バリアフリーなどにした場合も給付金として補助金がでますが、今回は耐震化した場合の補助金の説明になります。

荒川区には古くなった木造住宅が多く、危険です。そのため、荒川区では木造住宅の耐震に力をいれています。

耐震化と一言でいっても色々あります。

耐震診断、耐震補強工事など色々あります。

 

工事費の補助金は工事代の2分の1、3分の2等があります。

 

木造住宅の場合

診断内容 補助率 補助限度額
耐震診断 10/10 30万円
耐震補強設計 2/3 15万円(高齢者 30万円)
耐震補強工事 2/3 100万円(高齢者200万円)
耐震建替え工事 2/3 150万円(高齢者300万円)
耐震シェルター工事 2/3 30万円
防災ベット設置 9/10 50万円
防火耐震補強工事 9/10 500万円