床面積について

この記事は約1分で読めます。

不動産、建築には、建物の面積がつきものですが、面積にも色々な種類があります。

今回は、建築基準法の床面積について。

 

建築基準法の床面積

建築基準法では、床面積は、建物各階などの壁、窓、シャッターなどの中心線で囲まれた水平投影面積による、とされています。(登記簿に記載されている面積は壁内となっています)

ただし、床面積から除ける部分もあります。

出窓、ピロティ、バルコニー、ポーチなどです。

条件としては、屋内的要素を含まい、開放されている、出窓については大きくないこと(寸法は決まっています)