荒川区の高齢者住宅改修給付事業について

今、一人暮らしの高齢者が増えています。

核家族の影響

少子化の影響。

など、複数の要因があります。

 

老化を実感するのは、まずは感覚機能からきます。

視力、聴力など

身体は関節から、老化はきます。

動くのが痛くなります。

段差が苦痛になります。

高齢者にあわせた住宅が必要になります。

 

高齢者住宅改修給付事業

荒川区では、高齢者(要支援1、2、要介護1~5)の方で、住宅改修が必要と認められる方、助成金が出る制度があります。

 

 

浴槽の取替、流し、洗面台の取替、便器の洋式化などです。但し、大規模なリフォーム工事を行う場合は対象とならないので、注意が必要。

あくまでも、部位のリフォームになります。

[http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kenko/koreisha/jutakushien/koureijuukai.html]

 

当社でも何度か改修工事をしていますが、助かったという方は多いです。

区の制度を利用するのもいいと思います。