不動産売買査定表

この記事は約2分で読めます。

当社では、不動産売買を行うときに売買査定表を作成しています。

物件調査と近隣調査から売買価格を査定します。

物件調査は

物件調査1  物件案内図と物件概要

物件調査2 土地と建物

物件調査3 現在の状況

物件調査4  法令の制限

についてまとめています。

売買価格の査定に必要なのは、自分の物件の現況を把握することだと思います。

物件調査1にある物件概要ですが、売主様と意見が食い違います。売主様もほとんど自分の物件のことが理解できていません。

理解できていないとこは、土地に関してはセットバック部分、接道状況です。建物については、構造、検査済の有無、延べ床面積などです。この調査1を確実にしないといけません。先延ばしはおススメできません。

調査3については、建物インスペクションと照らし合わせなが確認します。

基礎のひび割れ、雨漏りの有無などです。

目視による検査になります。

大体査定金額が決まります。

他の業者さんの査定はデタラメが多いので、多分に売れない金額設定をします。高すぎる金額設定です。レインズなど見ているとよくわかります。

最初4000万円台が最後2000万円台になるのはよくあります。大手の一部業者はこの手法をとります。デタラメにもほどがあります。倍も違う価格設定はデタラメです。

大手のブランドがあってもダメだと思います。

不動産業者選びは難しいと思います。

売主様も欲があるから、目が曇るのでしょう。

買主様は逆に目が肥えてます。いろいろな物件を調べているからです。

上手く売り抜くには、自分の物件をよく知ることです。まずは、そこからだと思います。