集合住宅での騒音トラブルについて

分譲マンション、賃貸マンションなどの集合住宅では、上下階等の騒音トラブルが問題になります。

例えば、犬の鳴き声がひどい、楽器の音がうるさいなどの、わかりやすいトラブルはまだよいですが、生活音でのトラブルは難しいところがあります。

電車内、飲食店などの携帯電話と同じように生活音は耳障りなところがあります。

音としてはあまり大きくなくても、大きく感じてしまうことがあるからです。

なぜ、音として大きくないのに、大きく感じてしまうのかというと、自分の生活エリアに他人の生活が入り込んでくると感じるからなのでは?

例えば、電車などの携帯電話等が良い例だと思います。

携帯電話の音より、電車の走っている音の方が大きいのはあきらかです。しかし、電車の走っている音をうるさいと気ににする人はいません。(携帯電話とペースメーカーの関係はあるとは思いますが、電車の中だけ注意しなければいけないのはおかしいですね。)

電車の中での携帯電話はすごく気になるらしいです。日本人だけという説もあります?!

 さて、集合住宅に話をもどしますが、住居では携帯電話の話し声は、窓を開けていない限りは聞こえないと思います。テレビも同じく気になると思います。(でも、お互いに窓を開けていたら聞こえてきます。)

 足音は殆どのマンションでは聞こえます。足音が気になるのも、同じ理由だと思います。自分の生活に相手が入り込んでくると意識するからだと思います。

 論理的に音がうるさいかどうかを確認するには、騒音計を使って確認してみるのが良いです。近頃では騒音計アプリもでていますので、確認しやすくなったといえます。

(ただ、アプリ自体の性能が正しいものかどうかを確認しておく必要があります)

用途地域や建物の状態、時間帯などによっても騒音の程度はことなりますが、60db(デシベル)程度までは、許容値と考えておいた方が良いのではないかと思います。

ある程度は数字にしておくことが大切といえます。

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲