借地権の新法と旧法、何がちがうのか、どちらが得か

新法の借地権

先日、借地権、新法の契約がありました。

一般的に言われている借地権とは旧法の方になります。

新法と言われる借地権は平成3年にできました。

新法と旧法の違いは下記になります。

新法旧法
借地期間木造、鉄骨にかかわらず、   30年 木造など・・・20年
 鉄骨など・・・30年
更新木造、鉄骨など同じ期間
 1回目の更新は20年、 2回目以降の更新は10年
木造など・・・20年
鉄骨など・・・30年

となります。

新法と旧法の借地権の大きな違いは、地主が更新を拒絶できる点にあります。旧法の場合、地主は借地契約の更新を拒絶することができませんでした。

しかし、新法では、地主は借地権の更新の拒絶ができるようになりました。

旧法の場合に比べて、新法は、地主に有利になっているといえます。

では、新法の問題点について次にあげます

新法の問題点・・・借地期間が30年では短い

 新法の一番の問題点は借地期間が30年間で設定されているところにあります。30年経過したあと、地主が借地権を更新拒絶したとき、地主は建物を買い取らなければいけません。鉄骨造は残存期間30年で計算しますが、それは、減価償却の話であり、税務上の話になります。

 同じ木造でも作り方によって違います。日本で一番古い建物は木造造りの法隆寺です。(^^)

 また、現在の住宅は建築規制が厳しくなり、30年間で価値がゼロになる住宅はほとんどありません。 ところが、新法では、30年間となっています。実際、新法の法律で契約することは殆どありません。

 旧法の借地権の需要は多くありますが、新法の借地権を求める方はいません。これから先、新法の借地権を求める方は減少していくと思います。

また、 旧法の借地権について、下記に掲載してありますので、参考にしていただければと思います。

借地権の売却の相談や借地権の更新時にかかる費用などの相談
借地について今回の記事は、東京都宅地建物取引協会の「借地における各種承諾料の基準」他の図書を参考にしています。借地権の相談借地について、わからないことについて相談にのりたいと思います。借地についての...
借地料はどうやって計算してだせばよいのか?
借地料の計算方法借地料の出し方についてです借地料を設定するとき、又は、見直すとき、借地料の設定には頭を悩まします。権利金がある時とない時によって、計算方法がことなります。借地権の出し方には下記の方法...

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲