豊洲問題と科学的

石原元都知事の百条委員会が終わりました。

印象に残ったのは、安全、安心と、科学的というキーワードでした。

 

では、豊洲は科学的に安全なのかという疑問が残ります。

 

石原元都知事は、専門家が安全だと言ったから、科学的に安全だということです。

 

ところが、その理論では小池知事を納得させることはできませんでした。

 

なぜできないかというと、専門家が今まで言っていたのは、

 

①汚染された土地を撤去し、新しく盛土する→実際は行われていないところがある。

 

②モニタリング調査を行い、土壌の汚染が基準値を超えていないかどうかを確認する。ということです。→9回目、10回目が土壌汚染の基準値を超えた。

 

なぜそうなったのか、①、②について、都として公式な理由は言っていません。

専門家会議の方々も公式には言っていません。

 

今回の移転の急所は「土壌汚染の東京ガス跡地を活用できるかどうか」です。

地上部分をコンクリートで覆えば問題ないと、専門家会議がいうのならば、最初からその方向性でいくべきでした。

なぜ、その方向を示さなかったのか。

 

全部盛土しなくても良い、一部コンクリートでも良いと最初から言うべきでした。

予算の問題があるのだから、もっと早く言うべきでした。

専門家会議の理論が一定ではありません。

なぜ言わなかったのか。

それとも言ったのか?

よくわかりません。

 

専門家のとなえる安全神話は、原発の事故とともに終わりました。

専門家が安全だと唱えても、安全ではないことを原発事故から学んだからです。

 

科学的に解決するには、最初に予想・方向性を示し、次に、その方向性に向かって実行する必要がありますが、今回は実行のところに手抜き、あるいは勝手な変更がありました。

 

どうしても豊洲に移転されるには、科学的ではなく政治的に行う必要があると思います。