株と年金

公的年金を投入して去年の10月~12月で約10兆円の運用益があったと発表している。

しかし、株で難しいのは、売却です。

少量の株の場合は売却は難しくありませんが、大量の株の場合は売却がむずかしいです。

 

なぜ難しいのかというと、株を売却すると、株の価格が下がるからです。

 

つまり、年金で株を買えば買うほど、株価は上がりますが、株を現金にかえることが難しくなってしまうのです。

大量の株は、売るのが、難しいのです。

 

このジレンマを打破する方法として、年金を現金支給だけでなく、株支給、もしくは、

現金と株の両方支給にする方法が考えられます。

 

この方法だと、株支給は現金支給よりも多い株価を手にすることがてきます。

 

現金にゆとりのある方が、年金をもらう場合には、株の方がメリットがありそうです。

具体的には、公務員の方などがよいのではないでしょうか?

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲