不動産の重要事項について②

不動産の重要事項で接道についての調査があります。

 

敷地が道路に2m以上接しているのかしていないのか。

セットバックがあるのか

公道か私道か

などです。

 

道路は建築する時に重要な意味を持ちます。

斜線制限など建物に制限をかけます。

また、2m以上接していないと建物が建ちません。(現況建物が建っている場合でも)

 

例えば、下記の場合

道路に接していない土地A

物件と道路の間に第3者の土地があります。

 

 

また、下記の場合

2m以上道路に接していない土地A

物件と道路が2m以上接していません。

 

いろいろなケースがありますので、確認するようにした方が良いです。

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲