建築確認申請とブロック塀

建築確認申請時に既存ブロック塀が違反していると、完了時までには、直すようにと、最近は指導されるらしいです。全国統一というわけではなく、地域によって異なっているみたいです。厳しい地域と緩い地域があるみたいです。(車の規制、駐車違反、シートベルトの規制と似ていると思いました。)

共有部分の既存ブロック塀についても同様の指導があるみたいです。費用負担は建築確認申請をだす人が負担するのが一般的みたいです。

建築指導をする人は、共有持ち分の意味があまりわかっていないように(建築基準法優先主義で民法などはあまり考えていない。)思いますが、安全対策を優先する指導の意味もわかります。

6e3b408c6c5e0ea15ea6f3b7ab1c4834_s

今後、この指導が定着するかどうかは不明なところですが、大地震がつづくようならば、間違いなく定着していくと思います。ただ、共有持分についての解釈は、あまり不公平にならないようにしなければいけないと思います。

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲