障子が外れない場合の方法

障子が外れない

障子を貼替ようとした時、

残念ながら、障子か外れないことがあります。

家が傾いた、天井が下がった等で、障子の枠寸法が変形してしまったのが原因です。

障子の上側をよくみながら、ずらしてみると原因がわかると思います。

障子を外すには

①まずは、外れやすいところをさがす。

では、実際どうしたらよいのでしょうか?

障子を右、左、真ん中と動かしてみて、はずしやすいところをさがします。

以外に見つかります。(これで、大体、解決できます)

しかし、それでも外れない場合。

②周りの畳をどかします。

畳が枠を締め付けている場合があります。

障子のまわりの畳をどかします。

すると、窓枠のしなりができる余裕が生まれます。

(大体、解決できます)

③ジャッキで持ち上げる方法があります。

それでも外れない場合。

DIYでは、時間がかかりますので、やめた方が無難だと思います。

素直に建具屋さんに頼んだ方が良いと思います。

でも、どうしても、やりたい方は・・・

自己責任ではお願いします。

枠がそったのが原因だから

垂木とジャッキを使って、枠を持ち上げます。

下の写真は参考写真にしてみたください

障子が外れない場合 ジャッキを使う

ジャッキを使わないで、垂木だけでもできるケースは多いです。

垂木は2本用意して、Tの字で行ってみてください。

長いものと短いものを使います。

障子と垂木

上のようなイメージです。

斜めに入れていく感じです。

垂木1本でもいける時もあります。

ただし、窓枠を壊さないように注意してください。

窓枠を持ち上げることができれば、はずすことができます。

 また、障子をこの記事をみても、障子はずせないわとお困りの方、記事の内容がイマイチよくわからないという方、コメントいただければ、多少のアドバイスはできるかかもしれません。

障子紙の「のり」がつよくて、はがせない場合
障子の紙を張り替える場合、前の紙をはがさなければなりません。 しかし、のりが強かったり、障子紙が古い場合、簡単にははがすことができません。 そのような場合下記のものを使うとはがしやすくなります。 クロスのはがしにくいときに...

雨漏りの原因。雨漏りしやすい場所とは
雨漏りは大変です。屋上に雨が溜まるケースここ最近、雨が降り続いています。いわゆる、ゲリラ豪雨もありました。当然、雨漏り被害が続出しています。異常気象が続きます。雨が長く続く。または、逆に暑い日が長く...

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲