消費税の免除について|事業用の賃貸オーナーが知っておくと良いこと。

賃貸オーナーが勉強しておくと良いことに消費税の免除があります。

だれでも、免除されるわけではありません。

免除されるには、2年前の売り上げが1000万円以下の場合になります。

消費税はお客様からもらいますが、納める必要がありません。

消費税をもらわなくても構わないですが、もらっても納めるのが免除されるのです。

 

住居用には消費税はかかりませんが、事業用には消費税がかかります。

しかし、1000万円以下の家賃収入の場合は消費税が免除されるのです。

(※以前は3000万円以下でしたが、現在は1000万円以下になりました。

消費税の免除は段々と釈小していくと思います。)

 

事業賃貸を購入する場合、消費税の還付がうけれる制度がありますが、年商の売り上げが1000万円以下の場合は還付を受けない方が良いかもしれません。

還付の手続きをとると、消費税は支払わなければならないからです。

 

これから、消費税は10%の時代になります。

消費税の税制度は色々と変化していくと思います。

色々と消費税について勉強することは良いことだと思います。

 

 

 

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲