日銀、物価上昇2% 

日銀が経済、物価の展望レポートを今日発表http://www.boj.or.jp/mopo/outlook/、ニュースでは「2015年度にも2%の物価安定目標が実現できるとの見通しを示した」とながれた。

【私の感想】

40代の世代では、物価が上がっていくという感覚がいまいちわからないと思う。若い世代では、もっと感覚がないのではないかと思う。消費者の代表する年代が物価上昇についてよくわからない中、物価は本当に上昇するのだろうかという疑問は少し抱く。

しかし、現実的に考えると、消費税、電気代、ガソリン代は確実に上がる、上がったのだ。消費税については3%、電気代、ガソリン代については、感覚では電気代は10%くらい、ガソリン代は20%くらい上がった。事業をしていてわかるが、企業努力で、値上げ分の削減、吸収は難しいと思う。飲食業の知人に聞いても、上げるしかないといっている。

間違いなく、物価は上がるだろう。

さらに、再来年には、消費税は2%上がるのだから。

 

ところで、

賃金、給与についてはどうなるのだろうか。

公務員の給与はどうなるのか?  派遣社員(20、30代については大部分を占めているのではないのだろうか?)についてはどうなるのか?

感覚的には、公務員は上がる。派遣社員は下がる。・・・・全体的には少し上がるというところではないだろうか。

派遣についてはいろいろ考えさせられるところがある。

大企業の経営者達(日本のリーダー達)が派遣制度をありがたがっていたら、問題だと思う。

タイトルとURLをコピーしました