お部屋を借りる時は、契約の種類の確認が必要です

お部屋を借りるときに、普通借家契約と定期借家契約の2種類があること、ご存知でしょうか。

 

普通借家と定期借家はなにが違うのでしょうか?

更新できるか、できないかの違いになります。

 

・普通借家契約は更新ができる。

・定期借家契約は更新ができない。(再契約できる場合もあれば、できない場合もある)

 

もし、賃料が同じならば、普通借家契約の方がお得になります。

 

2年間の定期借家契約は、特別な事情がないかぎり、おすすめできません。

 

引越し代ばかりがかかってしょうがないからです。

 

契約する時は、契約の種類の確認を忘れないように気をつけてください。