住宅設計は「コンセプト」がすべて

この記事は約2分で読めます。

 

設計で必要なのはコンセプトです。

コンセプトのない建物はつまないです。

 

コンセプトを訳すると概念、主旨になります。

 

具体的には、

だれに対して、なにに対して、どのような方法をとるか

という考えで良いと思います。

 

私がコンセプトを訳すると企画になります。

 

住宅はコンセプトが間違っていなければ、お客様によろこばれます。

家族構成、家族の考え方を知る必要があります。

そして、設計者は、必要ならば、家族の考え方に反論する必要があります。

自分の考えを説明する必要があります。

家族の考え方と違うと思ったら、ためらわず、説明することが大事です。

 

もちろん、お客さんは聞き入れてくれないことが多いです。

お客さんは神様という考えがあるからかもしれません。

お金を出すのが偉いと考えているからかもしれません。

最終的にはお客さんのいいなりかもしれません。

でも、説明しておくとお客さんのためだけでなく、自分のためにになります。

 

今回の説明の仕方は良くなかった。次回はこのように説明しようと思うからです。

だから、設計者にはプレゼンのテクニックが必要なのです。

 

良いコンセプトができても お客さんに拒否されたらそれまでだからです。

 

細かい設計は、今の住宅にはそんなに求められていません。安さのほうが求められています。

下手にこだわるより、クレームのない住宅が求められています。

しかし、コンセプト住宅(私が勝手に読んでいるだけです)なら、低価格でもディテールの良い住宅を超えることが可能です。