アパート管理について

企画設計・不動産論,管理・空室対策

新しいオーナー様と昨日、アパート管理の打合せをしてきました。前物件の管理会社は大手でしたが、その管理会社を断り、当社に管理をまかされました。新しいオーナーさまは現在、入居している方を知らないため、家賃の遅れがないかなど、家賃の心配ごとをかかえています。また、物件の手直しも考えています。雑草の除去をするため、アパートのまわりを土からコンクリートにした方が良いのではないか。玄関前のコンクリート部分にタイルを貼ったほうが良いのではないかと細かいところですが、いろいろとオーナー様は考えていました。

玄関前のタイル貼りについて、私は大賛成でした。タイルは高級感をだすからです。
アパートのまわりをコンクリートにすることですが、それについては少し調べてからの方が良いと思います。猫がいなくなると、築年数の古いアパートの場合、ネズミが大量に発生します。最初から猫がまわりにいなければ問題ないのですが・・・・

また、私の賃貸管理の考え方を意見させていただきました。
今住んでいる入居者の方が心地よいと思われるようなアパートにした方が良いとアドバイスしました。
よくいる大家さんで、部屋が空いてから、リフォームに費用をかけることがありますが、できたら、オーナー様は、今住んでいる方のために費用をかけた方がよいのが私の考えです。
なかなか、難しいことです。
私はマンションオーナーの立場でもありますが、実行できていない部分はあります。

新しいオーナー様は、私の話を聞いてくれました。