中古物件のすすめ3ー新築住宅ローンリスク

この記事は約2分で読めます。

中古物件を当社はススメています。新築には新築の良さがありますが、当社では、中古物件をおすすめします。

 

当社の住宅に関する考え方ですが、住宅を購入する方は、なるべく安めに購入できないかと考えています。

住宅ローンで人生が終わらない方が良いのではないかと思います。

できるだけ住宅費用を抑えたほうが良いのではないか、という考えから、中古物件をすすめています。

 

購入した家に 一生住む」という考えはやめた方が良いと思います。

住宅は、一生に一度の買い物」という考えもやめた方が良いと思います。

新築マンションを購入した場合

新築マンション4000万円を35年、金利2%でローン購入した場合、どうなるのか、

 

①20年間支払った場合、ローン残額はいくらか?

大体・・・・1700万円になります。

では、周辺の築20年のマンションはいくらでしょうか?

 

(中古マンションの価格を調べてみると、駅に近いほうが高く、遠いほうが安い。シンプルです)

 

20年後、先ほどのマンションを1700万円で売るならば、売却は可能だと思います。

賃貸に住んでいたのと変わりないことになりますから、失敗ではないと思います。

 

 

でも、10年後売却するとしたら、残債が2900万円になります。売却は厳しいです。

長く住んでから売却しないと損をします。

 

最低でも10年間住んでから売却するのが良いと思います。

 

住宅ローンに縛られてしまいます。

中古物件の場合は、購入して、すぐ売っても、金額はほとんどかわらないので、住宅ローンに縛られることがありません。

当社が中古物件をすすめる理由がそこにあります。