可動間仕切り・引戸(ベッドコーナー)

 

吊戸を開けっ放しにしたところです。吊戸なので、レールがありません。ガイドも床にはつ

けませんでした。床の一体感にこだわっています。

 

ベットルームの可動間仕切りの例

1LKのリフォームを行い、ベッドコーナーをもうけたものの写真を掲載しました。
条件として、ベッドコーナーは普段はオープンな状態である。しかし、お客様が来たときはベッドコーナーを閉じる状態にする。
オープンな状態を求めていたので、引き戸の高さは2350mmの特注にしました。
引き戸はレール式です。

 

引戸の高さを業者に尋ねると、2300mmは難しいと言われました。反りがでてくるため。また、レールの場合納まりが難しいからです。

(吊戸式にすれば、納まりは簡単になりますが、開け閉めの不安定な感じが出てきてしまうと思います。)

 

下の写真は高さ、2350mmの引戸です。

クローズの時の扉、はり、建具の関わりあいがむずかしいです。

 

 

リビングと洋室の可動間仕切りの例

可動間仕切りではないのですが、引戸の例になります。

下図は引戸を開けたところです。

 

 

 

扉を閉めたところになります。

 

実際、このリフォームをして住んでいる方は、ほとんど扉を開けて生活しているとのことです。開放感が違うと言っていました。

レールがない吊戸なので、床の一体感があると言っていました。

 

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲