外壁が斜壁でタイル貼りは、雨に弱い

企画・リフォーム参考例,企画設計・不動産論

斜壁のタイル貼りは雨漏りに弱いです

タイル面、斜壁は一時流行りましたが、雨漏りが多いです

斜めの部分が雨を受けてしまうので、雨漏りの原因になってしまいます

 

斜壁は外壁の扱いより、屋根の扱いとしたほうが良いです。

上の写真の建物のタイルの下地はALCになります。

雨漏りを抑える前に、下地とタイルの密着を高めなければなりません

まずは、足場からです。

斜壁に足場をかけた感じです

 

 

 

ピン工法を使いました

ピン工法とは、ピンとボンドによって下地に密着させる工法です。

下地がALCなので、下地がコンクリートに比べるとやわらかいです。

下地がコンクリートの場合だと、ボンドの注入が4~5回にすむところ、下地がALCの場合、何十回もボンドの注入を行う場合もあります。

最近のボンドは性能が良いです。

(タイルを貼るときもボンドですが、セメントに比べて性能が良いと思います。)

 

ものいちさんからコーキングガンを購入しました。ものいちさんは品ぞろえ豊富で親切です。

アマゾンでも購入できます。

 

 

 

タイルの塗装はセブンケミカルを使用

セブンケミカルセブンを使用しました

 

塗装剤というよりは、防水材に近いと思います

シーラー、主剤、トップ材からになります

材料は高いです。

タイルや目地に膜を作り防水します。

集めの幕ができます。

防水効果はかなり期待できると思います

私のイメージでは、

タイル面に防水材を塗る>セブンケミカル>>一般的な外壁塗装剤

です

防水材はデザイン性がよくないので、セブンケミカルの方を選びました