シロアリは早めに対応したほうが良いと思います

企画・リフォーム参考例,企画設計・不動産論

お風呂場でしろありが発生したとのことです

築年数、60年くらいの古い家なので、シロアリの発生する可能性は大いにありました。

 

早速お風呂場の一部を解体しました。

外からみたら、一部が崩れている程度でした

しかし、柱はたたくとパカパカする音がします。

たたくとすぐにわかります。

固くないです。

やわらかいです。

まずは、確認作業から始めます

壁を壊して確認です。

 

 

 

 

 

壁をこわしていきます

 

 

 

壊し終わりました。

かなり、柱が食べらています

柱の補強工事が必要になります。

外壁からの工事が難しい(隣地との隙間が無い)ので、お風呂場から工事をします。

 

 

 

 

柱の補強工事が終わりました

既存の柱に新しい柱を抱かせました。

 

 

 

基礎をつくり、土台をつくり、新しい柱を立てました。

シロアリ用の薬は柱に塗っておきます。

 

この家のお風呂場は増築工事のお風呂場でした。多分倉庫を改装したのではないかと思います。

以前に比べると、強度は間違いなく増したと思います。

 

外壁から工事ができればもう少し簡単なのですが・・・

しかし、無事終わりました

 

ついでにお風呂の内装工事も行うことになりました。

確かに古いので、ついでに工事してもよいと思います