人口減少なのに不動産価格が下がらない理由

日本は、少子化時代に突入しています。かつては、一億二千万人強が今では、一億二千万ぎりぎりになってきています。

今後、日本の人口が減少するのは、確定しています。

政府は空き家対策として、インスペクション制度がはじめました。 インスペクションとは、建物が今現在、どのような状況かを調べることです

具体的には、まだ浸透していまはせん。

なぜなら、

売主の方が買主よりも少ないからです。

売主の方が強気になれるのです。

日本の人口だけで考えると、人口減少だから、買主の方がすくないと思います。

しかし、実際は中国人などの外人も相手のため、そうなりません。

住宅だけが不動産ではないのです。

全てのエリアが下がらないかと言えば、違います。

地方は下がります。

地方分権は上手くいかないと予想されます。

地方から都心への人口の流出は止まらないでしょう。

今後も地価の下がらないエリアとして、東京、神奈川、沖縄があります。

神奈川は、横浜中心です。

沖縄は発展していく可能性があります。

辺野古問題でも分かるように、日本で唯一、地方主権がいい意味で成功している地域だからです。

沖縄の最近まで、人口は増加しています。

減少はしていません。

資産目的なら、東京、神奈川、沖縄がオススメです

コメント

Return to Top ▲Return to Top ▲