企画情報館はセンターまちや(町屋徒歩1分の駅ビル)上空から撮影いたしました

荒川区・町屋を中心に売買、賃貸、借地や中古リフォームをしている有限会社企画情報館です。

Real estate & Reform Kikakukan. 荒川区町屋で不動産リフォームをしています。不動産の購入、売却などのお役に立てるよう全力で頑張ります.

不動産リフォームの企画情報館

03-3892-1421

ホーム » 体育館などの大きさの決め方

体育館などの大きさの決め方

basketball court in modern gym

社内でバスケットボール好きの人がいます。体育館の大きさには、バスケットボールの広さが利用されています。
体育館ではバスケットボールコートの大きさが利用されているのは、バスケットボールのコートが一番広いからです。学校などの体育館の大きさは、床の広さは、バスケットボールの大きさ、天井の高さはバレーボールの高さを基準に考える
バスケットボールのコートの広さは28×15mであり、2面の場合は、34×41m必要となる
 
バレーボールはセンターライン上で12.5mとなる
 
バスケットボールの場合、コートの広さを28×15m、周り3m程度は必用なので、実際必要な床面積は36×23m、2面の場合は(3+28+3)×(3+15+5+15+3)=34×42mとなる
(コートとコートの間は5m)
 
バスケットボールの床面積が34×41mだと少し狭いかなあ感じがします。


コメントを残す