企画情報館はセンターまちや(町屋徒歩1分の駅ビル)上空から撮影いたしました

荒川区・町屋を中心に売買、賃貸、借地や中古リフォームをしている有限会社企画情報館です。

Real estate & Reform Kikakukan. 荒川区町屋で不動産リフォームをしています。不動産の購入、売却などのお役に立てるよう全力で頑張ります.

不動産リフォームの企画情報館

03-3892-1421

ホーム » マンション(集合住宅)の議決権

マンション(集合住宅)の議決権

区分所有者と規約

マンションで物事をきめるのは、マンションの所有者です。
建物、敷地、所属施設の管理や使用などは、規約で定めることができます。
規約に定めのない場合は、区分所有者は、区分所有者の専有部分の床面積の割合で議決権を持ちます。
 

マンションの決議

マンションの決議は、所有者の人数と持っている床面積で決まります
 
下記は、決議の割合をのせてあります。

 
例えば、床面積を9割持っている人がいても区分所有者が過半数いなければ、集会の決議は決まらないのです。
 
逆にマンションの区分所有者の9割が賛成しても、床面積持分が過半数いかなければ、集会の決議が決まりません。
上記の例は極端ですが、区分所有者の5割が賛成、議決権過半数いかない場合はありえます。
マンションの決議は人数と面積で構成されているといってよいのでしょう。


コメントを残す