企画情報館はセンターまちや(町屋徒歩1分の駅ビル)上空から撮影いたしました

荒川区・町屋を中心に売買、賃貸、借地や中古リフォームをしている有限会社企画情報館です。

Real estate & Reform Kikakukan. 荒川区町屋で不動産リフォームをしています。不動産の購入、売却などのお役に立てるよう全力で頑張ります.

不動産リフォームの企画情報館

03-3892-1421

ホーム » 不動産の重要事項説明3

不動産の重要事項説明3

不動産の重要事項説明のひとつに登記簿謄本の説明があります。
買主に登記簿を説明し、確認することです。
 
ところが、これには、落とし穴があります。
 
不動産の流れとして、売買契約を行い、後日、引渡を行います。
登記簿の説明は、売買契約時に行います。
ところが、引渡時までの間に、物件に新しい抵当権がついている場合があります。
 
その抵当権も抹消しなければいけなくなります。
 
抹消できなければ、売主は買主に違約を払わなければいけないですが、このような売主の場合は違約を払うことができません。借金が多くあるからです。それどころか、手付金を取り戻すのも一苦労です。戻ってこないケースの方が多いです。
 
いろいろと注意が必要です。


コメントを残す