企画情報館はセンターまちや(町屋徒歩1分の駅ビル)上空から撮影いたしました

荒川区・町屋を中心に売買、賃貸、借地や中古リフォームをしている企画情報館です。

Real estate & Reform Kikakukan. 荒川区町屋で不動産リフォームをしています。不動産の購入、売却などのお役に立てるよう全力で頑張ります.

不動産リフォームの企画情報館

03-3892-1421

ホーム » 建築確認申請とブロック塀

建築確認申請とブロック塀

建築確認申請時に既存ブロック塀が違反していると、完了時までには、直すようにと、最近は指導されるらしいです。全国統一というわけではなく、地域によって異なっているみたいです。厳しい地域と緩い地域があるみたいです。(車の規制、駐車違反、シートベルトの規制と似ていると思いました。)
共有部分の既存ブロック塀についても同様の指導があるみたいです。費用負担は建築確認申請をだす人が負担するのが一般的みたいです。
建築指導をする人は、共有持ち分の意味があまりわかっていないように(建築基準法優先主義で民法などはあまり考えていない。)思いますが、安全対策を優先する指導の意味もわかります。

今後、この指導が定着するかどうかは不明なところですが、大地震がつづくようならば、間違いなく定着していくと思います。ただ、共有持分についての解釈は、あまり不公平にならないようにしなければいけないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。