ホーム » 後見人制度の利用

後見人制度の利用

後見人制度があります

認知症などの疑いが親族にいる場合、銀行手続きなど本人ができなくなることが多くなり、誰か代わりにできるようにしておくことが大事です。

後見人制度について

そのため、健康な内に後見人として任意後見人の手続きをしておくと、何か起こった場合に対応することができます。

認知症になってからでは、手続が困難になります。

健康な内に任意後見人制度を結んでおくのがよいです。

遺言状についても同様です

早めの対応が、認知症の場合は大切です。


コメントを残す