企画情報館はセンターまちや(町屋徒歩1分の駅ビル)上空から撮影いたしました

荒川区・町屋を中心に売買、賃貸、借地や中古リフォームをしている企画情報館です。

Real estate & Reform Kikakukan. 荒川区町屋で不動産リフォームをしています。不動産の購入、売却などのお役に立てるよう全力で頑張ります.

不動産リフォームの企画情報館

03-3892-1421

ホーム » ユニットバスの膨れ、錆、下地の補修について

ユニットバスの膨れ、錆、下地の補修について

洗面器付きのユニットバスになります
洗面台がぐらぐらする。壁に膨れがあるとのことでした。

最初、洗面台がぐらぐらするとのことで、連絡がありました。
確かに、ぐらぐらします
原因は、洗面台を取り付けている、バックハンガーです。

丸で囲っている部品がバックハンガーになります。
完全にさびています。金物だけでなく、下地も錆びています。
下地の補強が必要となります。
 
また、壁が膨らんでいるところがあります。内側からの錆が原因です。

膨らんだ部分も撤去します。
今回は、洗面器の撤去と膨らみの撤去を同時に行います
 

洗面器の付いていた下地は予想通り完全にoutです。
まずは、お風呂の下地からです
ユニットバスの裏側に下地をつくりました。
つぎに錆を落としたところにパネルを設置し、洗面器を取り付けて完成します

 
 
 


コメントは受け付けていません。