大家さんの悩みごと 、あんまり内装費にお金をかけたくないです。

賃貸の空室がでました。

 

White kitchen with inner garden

新規に部屋を募集して、新しい入居者をさがさなければいけません。

その前に、部屋をきれいにしなければいけません。

クロスなどが痛んでいたら、張替なければいけません。

ひと昔前ならば、そこまで、きれいにしなくても部屋は決まりましたが、今では、ホテル並みに部屋をきれいにしないと、なかなかきまりません。

新規の賃貸のお部屋はホテル並みにキレイなところが多いです。

私が以前お客様を案内したとき、その部屋のお風呂場の鏡に水滴のあとがついていてがっかりしていたお客様がいました。その方は、違う物件を借りました。

借りる方の目はどんどん肥えてきています。

それに対応する必要に迫られています。

大家さんは悩みます。

費用はあまりかけたくないです。

上の様な写真のリフォームは中々難しいですね。

 

内装のポイントをおさえるのが良いでしょう。

一番良いのは、アットいわせるポイントを持った内装工事。

アクセントです。

例えば、リビングの腰壁をタイル張りにするとか、床は床暖房付きの大理石にするとかです。

照明にこだわる部屋でもよいでしょう。

借りる方はいろいろな物件をみています。そこで、少し飛び出ていれば借りてくれます。

家賃が相場よりも少し高くても借りてくれるはずです。

 

どのような人も安っぽい部屋には住みたくないのです。

おしゃれな部屋、室環境の良い部屋に住みたいのです。

 

安ければ借りるのではないと思います。

いい部屋だから借りるのだと思います。

 

家賃の値下げ競争に巻き込まれないように心がけていくのが良いと思います

企画設計・不動産論

Posted by kikaku