住宅宿泊事業法(民泊新法)

3月中旬にいよいよ全国各地で


民泊の届け出が開始(実際の営業は6月です)されました。それに伴い今までグレーゾーンだった民泊業界にも色々制限ができ、届出を受理されないまま民泊を続けているとオーナー様は勿論の事、その情報を掲載した仲介サイトまで法が及ぶそうな・・・なんともきつい法律ができましたね。
 
具体的に何が変わったのか
旅館業法・民泊条例・民泊新法の違いとは
ざっと簡単に書くだけでもこれだけあります。他にもありますが、省きました( ;∀;)
特に大きな違いが営業日数!旅館やホテルなどは一年中365日営業していますが『民泊では年間180日までにしてくださいね』というもの。まあ、自治体によっては180日以下のところもあるようですが・・・少ないよー(-_-)だって単純計算で一ヶ月15日しかできないんですよ・・・180日も営業できない自治体はもっと少ないんですよ・・・商売として成り立つのか否か・・・。
 
まだまだ始まったばかりで色々と穴や不具合などありそうですがマンスリー物件なども併用しながら民泊マーケットに新しい風が吹くといいですね。