かしこい物件の買い方

今、不動産価格は、上昇しています。金融機関からの融資も出やすい時期なので、不動産は買い時とも言えます。
どんなに価格が安くても、金融機関が貸し渋りをしていては、購入することはできません。
 
しかし、物件を高い金額で購入しすぎると、後々、人生において、失敗することがあります。
 
どのような時が、失敗となるのか・・・・
 
それは、一つしかありません。
 
物件を売却したい時に売却できない
 
具体的には、抵当権が不動産価格を上回っているときです。
20年間、30年間で借り入れている場合は物件の返済は緩やかになります。
 
このため、物件を高い時期に購入し、返済がわずかしかできない場合は、担保が物件価格を上回り、売却したいのに、売却できない現象が生じます。
資金に余裕がある方は、抵当権をはずせて、売却することができ、「赤字だった」で済みますが、資金に余裕のない方は担保がはずせないので、売却できず、破産となってしまいます。(金融機関に買い叩かれます。)
 
物件を購入するときに必要なのは、返済期間と購入価格のバランスになります。長期間での返済ほど、注意が必要です。

不動産・経済ニュースなど

Posted by kikaku