sketchupから、写真照合による面積計算

p町屋ビル800h外壁工事について、sketchupで写真照合を行い、寸法を計算することができます。
 
今回の建物は縦長のため、レンズによる写真のずれがあった。
photoshopにより、写真を補修しておく必要でした。
 
phoshop →フィルター→レンズ補正 
で写真の修整は行える。
 
おおよその寸法がでるので、見積計算が行えます。
面積は、
(8+9+8+9)×14=476㎡
有効数字 一けたなので、500㎡となる
500平米で3%の誤差がある場合 500×3%=15平米
500-15=485平米となり、逆に面積が増えた場合は515平米となる。
485平米~515平米となる。
おおよその面積がでると、他の見積をチェックすることができる。