不動産の重要事項説明3

不動産の重要事項説明のひとつに登記簿謄本の説明があります。
買主に登記簿を説明し、確認することです。
 
ところが、これには、落とし穴があります。
 
不動産の流れとして、売買契約を行い、後日、引渡を行います。
登記簿の説明は、売買契約時に行います。
ところが、引渡時までの間に、物件に新しい抵当権がついている場合があります。
 
その抵当権も抹消しなければいけなくなります。
 
抹消できなければ、売主は買主に違約を払わなければいけないですが、このような売主の場合は違約を払うことができません。借金が多くあるからです。それどころか、手付金を取り戻すのも一苦労です。戻ってこないケースの方が多いです。
 
いろいろと注意が必要です。

企画設計・不動産論

Posted by kikaku