2016年 新年あけましておめでとうございます

事務所
上は事務所リフォーム予想図になります。新しい気持ちで新年が始まります。
 
さて、今年の景気の予想になります。
いよいよ、消費税が10%になるといわれています。
ただし、今年は選挙があるので、1年間延びる可能性もあります。
 
消費税が10%になれば、景気はさらに落ち込みかなり悪くなるでしょう。だれもが予想することだと思います。
選挙はW選挙にはならないと思います。
自民党の苦戦が予想されるからです。民主党以外の政党(新党になるとおもいますが)の活躍が予想されます。
 
消費税が10%にならなければ、W選挙になるでしょう。
自民党中心の政治が続くでしょう。
いいも悪くも安定した政治になるでしょう。
景気は少し悪いくらいでしょう。
 
 
消費税が10%になるかならいなか?
財務省はどうしても消費税を10%にしたいでしょう。
日本円が維持しつづけるには、税金を上げることができるとガイコクに印象付けたいからでしょう。
借金の多い日本政府ですが、税金をまだまだあげることができるとガイコクに印象づけ、国債の維持をはかりたいとかんがえているのではないでしょうか。
ところが、政権側としては、選挙があるため、消費税はあげたくありません。国民生活を苦しくしたら選挙には勝てないことを知っているからです。
どちらにしても、税金が高くなれば、最終的には政府は終焉を迎えることになります。(歴史が証明しています。)
 
今年は消費税が10%になるかならないかで景気の流れがかわるでしょう。
 
ところで、
景気を良くするには、人口を増やすのがよいでしょう。一番良いのは子供の人口を増やすことです。目先のことだけを考えている人たちではなかなかできないことです。
二番目はガイジンを増やすことです。こちらは、簡単ですが、治安は悪くなります。日本の美徳が維持しにくくなりますが人口を増やすためには仕方ありません。
 
今年は日本政府が人口を増やす政策を発表するのを期待しています。