空室対策について

ニュース,住まいについて

賃貸のオーナー様にとって大切なのは、部屋を満室にしておくことです。しかし、現況、難しいと思われているオーナー様、多いと思います。

一度、部屋が空いてしまったら中々決まらない。

早く、部屋を決めたい。

と思われているオーナー様、多いと思います。

需要と供給を比べてみると、供給の方が多いと感じると思います。

その上、新築アパート、新築マンションなど、次々に建設しています。

では、賃貸経営の対策はどうしたらよいのでしょうか?

 

今、この記事を読まれている方は、賃貸経営をされて不安に感じている方、だと思いますが、あまり心配する必要はありません。空室対策があるからです。

 

①まずは、空室を出しても、すぐに決めるようにすることです。

それには、どうしたら良いのか?

家賃の見直しです。

大体のオーナー様は家賃を見直せません。それが足を引っ張っているのです。

なぜ、家賃を見直せないのか?

月々の支出が減らせないからです。

大きなところでは、アパートローン、税金になります。

次に管理費、修繕費、リフォームではないでしょうか?

①アパートローンで悩まれているオーナー様へ

今が見直しのチャンスです。

金融機関は今、顧客獲得競争をしています。

日銀が金融緩和をしているからです。

金融機関にはお金が余っていると思われます。

だから、貸出先をさがしているのです。

一般には、金融機関は貸出先として考えるのは株式投資等になります。

しかし、今は個人を対象に貸出先をさがしています。

よほど、お金があまっているのでしょうか?

どちらにしても、今が、借り換えのチャンスだと私は思います。

②税金について

税金で悩まれているオーナーさまに多いのは、中古の物件を購入したオーナーさまだと思われます。

土地と建物の価格設定を間違えてしまった方だと思います。

建物の価格を必要以上に安く設定したため、原価償却が上手くできていない方だと思います。

これに対しての対策は私は持ち合わせていません。税金対策は、購入時の計画が8割です。後から変更することはできないのが税金です。

他の対策で挽回するしかないと思います。

他の対策については、また、今度の投稿で説明します。