家賃遅れの催促

この記事は約2分で読めます。

賃貸事業をやっていると必ず、あたる問題が、家賃滞納!!

家賃遅れの原因は色々です。

病気、事故、リストラ等など・・・・。色々な原因があります。

家賃遅れの人への催促は嫌な仕事です。

中には、家賃を催促するのが好きな人もいますが。

弱っている人に対して攻撃するわけですから。

 

昔は、大家といえば親も同然と言っていましたが、

今は時代が違います。

大家さんも大変です。

銀行ローンの返済もあります。

生活がかかっています。

しっかり、家賃催促をしたほうが良いと思います。

寿司屋に入って、寿司食べて、お金を払わなかったら大変です。

電気もガスも水道もお金を払わなければ止められてしまいます。

みなさん生活がかかっているのです。

当社も家賃を遅れている人に対して、家賃催促をする業務をおこなっています。

当社の場合は段階的な対応をとって、家賃催促をしています。

 

ところが、家賃催促事情も変わってきました。

最近では、保証会社から連絡することが多いですね。

大家さんの心配は少なくなります。

 

今は、借りる方が、保証料をだしますが、近いうち、

大家さんが保証料をだす時代になると思います。

 

連帯保証人はいらない?

連帯保証人がいた方が良いと思います

 

家賃遅れだけを考えると、保証会社で間に合いそうですが、

連帯保証人がいたほうが良いです。

しかも、身内の方が良いです。

身内の連帯保証人に勝るものはありません。

と私は思います。