「家は、借りるのと買うのどちらか得か?」論争決着!?

この記事は約1分で読めます。

昔から「借りるのと買うのどちらが得か」論争があります。

賃貸物件が得か? 売買物件が得か?

この論争に今日、決着をつけたいと思います。

ちょっと、大げさですね・・・

 

結論から言うと・・・・

家は買った方が得です。

将来、買った家は、売却できるからです。

 

住宅ローンは定期預金みたいなものと考えるのが良いです。

毎月、毎月、家賃を支払っても何も残りません。

ローンを支払うのは返済になります。ローンを返済していけば残金が減ります。

 

家を売却した時、ローンが終わってたらお金が残ります。

 

家を購入した時に心配なのは、

買った金額 >>>>> 売った金額

極端に値下がりしてしまう場合です。

 

でも、心配しなくて大丈夫です。

 

新築マンション以外ならば、まずは大丈夫です。

中古物件ならば、ほとんど心配いりません。

中古物件ならば、買った金額=売った金額のケースが多いです。

少なくとも私のお客さんで買い替え検討する方が色々といますが、損する方はあまりいません。

少なくとも、賃貸よりは得します。

売却した時に、現金が残ります。

住宅は賃貸か購入かで悩んでいたら、購入をお勧めします

 

家賃を毎月支払っている方は、ローン返済を比較することをお勧めします