オーナーさんの悩み事

この記事は約3分で読めます。

悩み事といえば、変ですが、色々と相談を受けます。

家賃遅れの相談はたまにですが、違う相談ごとが・・・・

  1. クロスの貼り方を教えてほしい・・・
  2. 入居者がクレーマーで困る・・・
  3. 雨漏りを自分でなおしたい・・・
  4. 不法自転車を撤去したい・・・

等々です。

1.や3.の相談はリフォーム代の節約の相談事です。

大家さんの悩みの一番はリフォーム費用です。

リフォーム代の悩みごとがなくなれば、空室問題は解決します。

リフォームをきちんとやれないから、空室がでます。

案内していて、たまに「うわっ、この部屋すごいなあ」という部屋にあたります。

やはり、決まるのは早いです。

他の部屋も空いていません。

急所を押えたリフォームだから、良いのです。

ところが、リフォーム代が高く、急所を押えていないリフォームだと部屋は決まりにくいですね。

家賃が高くなったしまうから、決まりにくいのです。

リフォーム費用を安く抑えると、家賃設定も低くてすみます。

以前、内装費に500万円かけた大家さんがいました。

しかも、残念ながら、急所を押えられていませんでした・・・

大家さんをやっていると、一度は体験したことはあると思います。

このような失敗経験から、リフォーム代について大家さんは悩みます。

2.の相談事は、私も、あたまを悩ます相談ごとです。

入居者のクレーム度は段々とひどくなってきています。

賃貸契約があまりにも入居者よりに寄っているのが原因だと思います。

電気代払わなければ、電気止められるし、携帯代払わなければ、携帯止められます。

賃貸だけは、違います。入居者が家賃払わなくても、家を追い出されることはありません。

賃貸契約の内容が入居者に有利になりすぎているのです。

賃貸人のクレームで多いのは、自分で解決できるのに、もしくは自分で解決しなければいけないので、クレームとして声をあげるところです。

例えば、共用廊下にゴミが落ちている

照明が切れた

などです。

他には、外で遊んでいる子供の音がうるさい、などもです。

窓を開けて、クレムる人もいます。

外の音がうるさいならば、窓は閉めましょう。

自己防衛はしましょう。

蛍光灯は自分で交換しましょう

廊下のごみは気づいたら自分で拾いましょう

当たり前のことができていません。

家賃を払っているから当然と思うから、クレームになるのです。

家賃を払っているから、当然というクレームは、年々エスカレートしてきています。

今後も続くでしょう・・・

それに対応するにはどうしたらよいのでしょうか・・・

オーナー様には、色々とアドバイスをさせていただいています。

私は、不動産業はクレーム産業だと思っています。

色々なクレームを解決、解消するのが仕事ですね

コメント