定期借家契約の使い方

この記事は約1分で読めます。

賃貸オーナーさんに質問です。

 

普通借家契約をつかっていますか?

定期借家契約をつかっていますか?

定期借家契約とはなんですか?といわれてる賃貸オーナーさんもいるかもしれません。

定期借家契約は期間の定めのある契約になります。更新はできません。再契約はありますが、再契約するかしないかは賃貸人、賃借人の合意が必要。

定期借家契約の良いところは、嫌いな賃借人とは再契約しないですむことです。

嫌いな賃借人とは、まずは、クレーマー、次に家賃がおくれる、後は不潔であるなどではないでしょうか。

本来なら定期借家契約の方が賃貸オーナーにはよいのですが、最近では借りる方が定期借家契約を嫌っています。

以外に借りる方の方が勉強していたりします。

 

相場よりも家賃を下げて早く契約したいオーナーさんは定期借家契約は適しています。相場より家賃をさげているということは、定期借家契約を使う理由ができるからです。

実務としては、3年間とか4年間だけ貸したいオーナーさん(転勤時だけ貸したい)が使うケースが多いです。