賃貸経営、修繕計画

管理・空室対策

賃貸物件をリフォームする場合のpointについて

大家さんが賃貸物件をリフォームする場合ですが、費用のかからない順番にならべると、大体、次のようになります。

1.清掃(ハウスクリーニング)

2.クロスの張替

3.枠の塗装

4.床の張替

5.間仕切り

6.水回り等の設備の交換、新設

7.共用部分、外観のリフォーム

 

リフォームすると効果的なところほど、費用が大きくかかります。

しかし、費用のかかるリフォームは一度行えば10年間は行う必要がありません。

賃貸経営を行うには、修繕計画を立てておくことが必要となります。

修繕計画をたてておけば、周辺物件と比較した家賃相場よりも低い家賃設定にしないですむでしょう。