体育館などの大きさの決め方

企画設計・不動産論

社内でバスケットボール好きの人がいます。体育館の大きさには、バスケットボールの広さが利用されています。

体育館ではバスケットボールコートの大きさが利用されているのは、バスケットボールのコートが一番広いからです。

 

学校などの体育館の大きさは、床の広さは、バスケットボールの大きさ、天井の高さはバレーボールの高さを基準に考える

バスケットボールのコートの広さは28×15mであり、2面の場合は、34×41m必要となる

 

バレーボールはセンターライン上で12.5mとなる

 

バスケットボールの場合、コートの広さを28×15m、周り3m程度は必用なので、実際必要な床面積は36×23m、2面の場合は(3+28+3)×(3+15+5+15+3)=34×42mとなる

(コートとコートの間は5m)

 

バスケットボールの床面積が34×41mだと少し狭いかなあ感じがします。

雑な図ですが、こんな感じです。