賃貸管理業務は頼んだ方が良いのか、自分でした方が良いのか

[toc]

賃貸管理は自主管理がよいのか?

最近では、家賃の賃料が安くなってしまったため、賃貸のオーナー様が自主管理を行うようになりました。

管理手数料を減らすに努力する時代になってきました。。

 

自主管理の問題点

しかし、時代とは逆に賃貸管理の業務が増えてきています。

原因は、自主管理をしてみたが、以外に上手くいかない、大変だった等が大きな理由です。

特に次の項目です。

・空室が多くなってきた。

・賃料の滞納が増えてきている

・住人のクレームの対応が嫌なため

 

空室が多くなってきたは、今の賃貸オーナー様がかかえる一番の問題点です。

賃料を下げれば決まるだろうが、下げたくない。

リフォームをすれば決まりやすくなるだろうが、お金をかけたくない。

オーナー様のジレンマが原因です。

賃貸管理がしっかりしていると空室が少なくなるため、賃料を下げなくても済む。

大型リフォームも行わなくて済みます。

管理会社の空室提案も聞けます。

 

賃貸オーナー様は、家賃滞納者への催促も以外に時間、費用がかかることがわかってきました。

住人のクレーム対応も 時間と費用 がかかります。

 

それならば、建物管理をお願いした方が良いという結論になる方が増えてきたのです。

 

(時間に余裕のあるオーナー様は賃貸管理は自分で行う方が良いと思います。無駄な費用が出て行かないためです。)

 

賃貸管理業務の内容

当社の賃貸住宅の管理業務は下記の通りになります。

管理手数料は3%または5%、10%になります。

(3%の場合は、家賃は賃貸人からオーナー様に直接の振込いたします。)

 

賃貸の締結業務

入居者の募集

入居者の選定

賃貸借契約の締結

鍵の引渡

敷金の授受

 

賃貸の更新業務

賃料の更新・契約条件の改定

 

賃貸のトラブル業務

 

家賃遅れへの催促(管理手数料5%の場合は随時行います。10%の場合は立替を行います)

クレーム窓口業務

緊急時の対応業務

 

オプション業務

建物内の清掃

屋外の清掃

除草・植栽

リフォーム業務