スケッチアップが、web上でも使用できるようになりました

この記事は約1分で読めます。

スケッチアップのファンですが、今回のsketchup 2019は画期的なものになりました。

web上でも使えるのです。

web上の画面になります。

web上でも使えることにより、ipad上でも操作が可能になりました。

さすがにipad上で、本格的なモデリングは作成できませんが、作成したモデリングで、お客様に色々と紹介することはできます。

従来ですと、印刷ベースでしかプレゼン出来ませんでしたが、web上で使用できることにより、ipadなどで使用できることから、本格的にモニターでもプレゼンできるようになりました。

プレゼン資料としても使い道が増えました。